労働災害の原因はヒューマンエラー

労働災害の原因はヒューマンエラー

労働災害の原因はヒューマンエラー

労働災害はヒューマンエラーから起こることが多いといわれています。

人為的なミスのことです。

過去には航空機のヒューマンエラーのある事例があります。

2001年1月31日に静岡県や出石沖、駿河湾上空で起こったニアミスです。

この事故は、航空局の管制官が2機の航空機を同時に管制しようとしたとき。

間違って2機の便名を逆に読み上げたことからが原因です。

2機が約10メートルの距離まで異常接近し、あわや衝突という事態に陥った事故です。

この事故を起こした管制官は、画面上に表示された「907」および「958」という便番号をずっと目で追っていました。

にも関わらず、ある瞬間、突然この2つの番号を逆に読み始めました。

そして、事故が起こるまでの数分間、言い間違いにまったく気づきませんでした。

他機の異常接近を知らせる警報装置 が正常に働いていました。

しかし、当時の航空運用マニュアルは「コンピュータと人間の指示に矛盾がある場合、人間に従う」と規定されていました。

そのため、機長はそのマニュアルに正しく従いました。

結果として航空機をニアミス状態にしてしまったのです。

この事故によって、「人間の判断こそが正しい」という社会通念は過去のものになりました。

その後、各航空会社は、運用マニュアルを「コンピュータと人間の指示に矛盾がある場合、コンピューターに従う」と書き換えました。

ヒューマンエラーを引き起こす原因は、いくつかあります。

その中の原因に取り違い、勘違い、考え違い、思い込みなどの判断の「錯誤」、「誤判断」があります。

この航空事故はまったくの勘違い、思い込みの「錯誤」でした。

これによって、ヒューマンエラーが大きな事故になる原因と考えられるようになりました。

ホワイトキー

行動が潜在意識に暗示している

子どもの頃、「ウソをついても、神様にはわかっているのよ。」

こんなことを言われたことはありませんか。

わたしはよく言われた記憶があります。

大人になって、それはまんざら、間違いではありませんでした。

話しは、変わって、潜在意識が理解をするのは、「暗示」です。

「暗示」は言葉だけではありません。

「嬉しい、嬉しい。」とつぶやいた時にかなり何回もつぶやけば、嬉しくなります。

しかし、にっこり笑うと、1回だけでも嬉しい気分になります。

「暗示」には、「言葉」より「行動」のほうが、パワーがあります。

ですから、「暗示」で潜在意識に伝えるのなら、「言葉」より「行動」の方がいいのです。

「ウソをつく」といいう「行動」は「暗示」になって、潜在意識に届いてしまうのです。

そういった意味では「ウソをついても、神様にはわかっているのよ。」というのは正しいですよね。

潜在意識は「行動」をしっかり見ていて、その「行動」が「暗示」となっていきます。

潜在意識はその「行動」にふさわしいことを叶えてくれようとします。

ズルイ事をすれば、そのズルイ事にふさわしいことが潜在意識が起こしてくれます。

ズルイ事をすれば、それにふさわしい嫌なことばかりが起こるのです。

なりたい自分がある場合、その自分にふさわしいことを「行動」をたくさんすればいいのです。

自分自身の「行動」が自分自身への潜在意識の「暗示」になっているのです。

このことが重大なことです。軽く見てはいけません。

潜在意識はこのような繰り返しを行って、その人の人生を作っていってしまうのです。

もし、嫌なことばかりが続いているとした時。

その時は、自分の「行動」をチェックすることが大事ですよね。

チャックしましょう。

嫌なことばかり起こる事がふさわしい「行動」を潜在意識に「暗示」していませんか?